ED治療薬徹底比較
  • TOP
  • > ED治療薬の豆知識

ED治療薬の使用に役立つ様々な豆知識を紹介します。

ED治療薬とはどのような薬?様々な豆知識を紹介!

ED治療薬の豆知識

ED治療薬といえば「勃起不全を改善してくれる薬」「飲むと力強い勃起力が得られる」というイメージがありますね。
実際に使用している方はリピート率が高いことからも、優れた勃起効果に満足している方が非常に多いということが分かります。

ED(勃起不全)に悩む方にとってED治療薬は男性としての自信を取り戻せる貴重であり心強い存在です。今では先発薬やジェネリックが次々と開発されるなど様々なED治療薬があります。
新たに開発されたものは副作用を最小限に抑えて即効性を高めたり持続時間を大幅に伸ばすなど、時代とともに進化を遂げて多くのED患者を救っています。

今では通販サイトを利用して簡単に手に入れることが可能となり世間でも認知度が高まっているED治療薬ですが、普段から愛用している方でも勃起を促すということ意外は知らないことが多々あると思います。
世界初のED治療薬バイアグラの誕生には意外な歴史が絡んでいたり、副作用時の対応や連続服用のリスクなどは今後使用する上でも認識しておいた方がよいでしょう。

これからED治療薬の豆知識をいくつか紹介します。ちょっとした知識を得ていることでいざ困った時にも充分に役立つと思いますので参考にしてください。


ED治療薬はもともと狭心症の薬だった?

薬の開発

今では通販で簡単に購入できるED治療薬ですが、世界で始めて販売された当時は大きな反響があり入手できるのは極僅かな人たちだけという大変な人気ぶりでした。
意外かもしれませんが、ED治療薬はもともと狭心症の患者に対しての治療薬を研究開発している途中に勃起効果があることが偶然に判明したことをご存知でしょうか?

ED(勃起不全)に対しての治療薬がまだ開発されていない当時の医学では改善することや治すことは困難だと言われ、世間での一般的な常識では不治の病とされていました。

しかしアメリカの製薬会社であるファイザー社が狭心症の治療薬を研究開発を幾度も進めていく途中で、偶然にも男性の勃起に影響する効果に気づきました。
狭心症治療薬の臨床実験対象となる患者から治療薬の回収をしたところ拒まれたそうです。そのことが気になって話を聞いたところ、服用後に勃起不全の改善や勃起力が高まったということが判明しました。
こうして、狭心症に対して効果が見られなかった治療薬の思わぬ副作用からED治療薬が誕生するキッカケになったのです。

ファイザー社からすればまさに目から鱗の予期せぬ出来事ですが、すぐにEDの治療薬開発を目的とした研究や実験が進められるようになりました。
こうして1998年にアメリカのファイザー社より世界で初めてのED治療薬として誕生したのがバイアグラです。
販売された当時は世界中から大きな反響を受けて、EDに悩む男性の間ではバイアグラの話題で持ちきりになるほどでした。

その後、世界中の製薬会社でED治療薬の研究開発が行われるようになり、レビトラやシアリスなどのED治療薬が次々と誕生するようになりました。
今では世界中に多くの愛用者がいますが、ED治療薬の誕生にはこのように意外なエピソードが隠れているのです。


ED治療薬の副作用がきつい時の対応

副作用に苦しむ男性

世の中には風邪薬や胃薬など様々な薬が存在しますが、どのような薬でも効果の反面として副作用があります。それはED治療薬でも例外ではありません。
本来は病気や症状を治してくれるはずの薬ですが副作用を起こす可能性があるのは仕方がないことなのです。

ED治療薬の主な副作用には軽い頭痛や目の充血・動悸・鼻づまりなどの症状が挙げられます。
特に性行為する際に支障を起こすような重い症状ではありませんが、副作用となるとやはり気になる方もいるでしょう。

副作用の症状でも特に多いのが頭痛ですが一時的な症状で時間が経過すると症状は治まります。それでも気になる方は頭痛薬を飲んで対処するのがオススメです。
但し頭痛薬は食後に服用するため、食事によってED治療薬の効果が弱まることを想定するようご注意ください。
副作用の症状にどうしてよいのか分からない場合は、考え込まず早急に医師へと相談してください。

他にも副作用がきつい時の対応としてオススメなのがピルカッターの活用です。
ピルカッターは薬剤を簡単にカットしてくれる携帯性にも優れている器材です。ピルカッターでED治療薬を半分にカットして服用すれば効果は半減しますが、副作用を最小限に抑えることが可能です。
ED治療薬を販売している通販サイトからも購入ができます。他のどのような薬にも使えるので1つ持っておくと何かと便利です。


ED治療薬を使うのは恥ずかしい?

うつくむ男性と笑う女性

ED(勃起不全)になることは男性にとって非常にショックが大きいです。これまで他人事と考えていた症状に「まさか自分が・・・」と深く落ち込んでしまうことでしょう。
20代~30代の体が健全な時期の若年層で発症するとなると余計にショックは大きいと思います。

しかし、現在では服用すると勃起不全を改善してくれるED治療薬があります。今では通販を利用して簡単に購入することができます。
まさにEDの症状に苦しんでいる方にとっては自信を取り戻す上での心強い薬だと思います。

ですが実際にはじめてED治療薬を使う方の心理としては、やはり恥ずかしいというのが正直な気持ちだと思います。
特に性の問題はいくら仲の良い友人でも相談しづらい問題です。また病院に行くにも知り合いにあったら気まずいため、なかなか足を運ぶのには勇気がいります。

でもこのまま放っておいてもEDの症状は一向に良くなりません。恥ずかしいという気持ちを振り切って一度ED治療薬を使ってみてはいかがでしょうか。
きっと恥ずかしいという思い以上に、パートナーと満足いくセックスができる体になれる方が断然嬉しく感じると思います。
また近年では若年層からED治療薬を利用している方が増えています。経験者はED治療薬のリピート率が高く「一度使用することで全く抵抗が無くなった」という意見が圧倒的に多いです。
ED治療薬を使うことは恥ずかしいことではないのです。自信を持ってED治療薬を使いましょう。


ED治療薬の連続服用のリスクとは?

連続服用のリスク

薬を服用する上では注意すべきことがあります。それは1回目の服用をした後に2回目の服用までには、ある程度の時間を空ける必要があるということです。
ED治療薬も同様に服用した後は24時間以上を空けて服用するように勧められています。その理由として、連続服用することで副作用を起こすリスクが高まってしまうからです。

もし朝1錠を服用して夜1錠を服用した場合、24時間以上の時間を空けていないため通常よりも頭痛や鼻づまりなどの副作用を起こす確率を高めてしまいます。
ED治療薬の効果を発揮する持続時間は種類によって異なりますが、短期間で連続服用することは体にとっても大きな負担となります。
薬は主に肝臓で分解されていますが、連続服用することにより肝臓にも負担をかけて悪化させてしまう恐れもあります。自身では想定できないような重大な副作用に陥る危険性があるのです。
いくら体力に自信のある方や若い方でも連続服用はしないようにご注意ください。

体を壊してしまってはセックスする以前の問題になり、やがては自身の命を落としかねません。いまいちど、連続服用するリスクの高さを考慮すべきです。
ED治療薬の正しい服用を心がけて、体のためにも安全に使用するように取り組みましょう。


ED治療薬で男女の愛を修復

見つめあう男女

ED治療薬を使用する目的は人それぞれだと思いますが、一番の目的は「パートナーと満足するセックスをしてお互いの愛を育みたい」「セックスでパートナーをもっと喜ばせたい」という思いを持った方が大半だと思います。
特にセックスは男女のコミュニケーションには欠かせない重要なスキンシップの一つですが、もしも男性がEDを発症してしまうとセックスに対して消極的になりやがてはパートナーとのセックスレスに悩んでしまうことがあります。

近年はセックスレスに悩む夫婦やカップルが急増していますが、夫婦のケンカや離婚原因として挙げられることの1つがセックスレスです。セックスレスとは妻やパートナーがいるにも関わらず、1ヵ月以上もの間に性交渉を全く行わないことです。
ひとつ屋根の下で共に生活する夫婦において長い間性行為をしていない場合、お互いへの気持ちが徐々に冷めてしまうということがあります。
そして徐々に会話が減りケンカが増え始めて・・・やがては離婚という悪循環に陥るといった具合です。

ED治療薬は勃起不全を改善してくれる優れた薬です。服用するだけで短時間で強い勃起力が得られる大きなメリットがあります。このようなセックスレスに悩む夫婦やカップルを手助けしてくれる重要な役割を持っているのです。
セックスレスに悩んでいる方は積極的にED治療薬を使用することでパートナーとのセックスにも満足感を得られることでしょう。そうすればきっと男女の愛を修復できるはずです。