ED治療薬徹底比較
  • TOP
  • > ED治療薬の偽物情報

ED治療薬には多くの偽物が出回っています。被害を受けないためにも情報をしっかり入れて注意しましょう。

ED治療薬の偽物とは

散乱する薬

これまでにED治療薬を通販で購入した経験がある方はご存知かもしれませんが、通販で販売されている中には偽物のED治療薬も数多く存在していることを認識しなければなりません。
その割合が全体の約半数近くを占めているというからさらに驚きです。私たちが知らない間に偽物のED治療薬を購入している可能性があるということです。このような身近な環境に偽物を手に入れてしまう危険性があるのです。

本来はED治療薬で勃起不全を改善するという目的があります。しかし偽物のED治療薬を服用しても勃起効果が得られない場合や、時には人体に大きな被害を与える危険性があります。
では偽物のED治療薬には一体どのような物が含まれているのでしょうか?

これまで調査されてきた偽物のED治療薬には、正規品と同様の成分が含まれている物もありました。しかし、その含有量は規定を大きく上回る量が検出されています。
もしも規定以上の量を服用すると体内で吸収するのが限界となり、やがては重大な副作用などの思わぬ事態を招いてしまいます。
また、過去には海外で薬剤の成分とは全く関係ない壁剤の成分や動物の死骸などが検出されたこともあります。もちろんそのような物を体内に入れてしまっては当然人体にとっては悪影響です。

購入者からしてみれば服用して体に被害を受けるのは大迷惑な問題です。しかし、世の中には偽物のED治療薬が多く出回っている現状があり購入するにあたり警戒心を強める必要があります。
本来の勃起不全を改善するはずが偽物のED治療薬によって人体への被害を受けてしまいやがて命の危険にも晒されてしまいます。
こうした被害を受けないためにも自身の体を守るためにも、偽物ED治療薬についての情報をしっかり認識するようにしましょう。


ED治療薬の偽物に対するリスク

リスク

偽物のED治療薬には正規品と同一の成分でも過剰に含まれていたり、壁剤や動物の死骸など不純物が混入されていたりと服用する側にとっては健康上の被害を受けるリスクの高さが計り知れません。
ED治療薬には勃起を促す成分が含まれていますが、体内でしっかり吸収されるために規定の含有量が厳しく定められています。しかし、偽物のED治療薬には規定を大きく上回る含有量が入っていることも多々あります。

もし偽物のED治療薬に含まれる規定以上の成分を服用すると後に副作用を起こす可能性が高まってしまい大変危険です。
ED治療薬には服用すると体の血液の流れを良くする働きを持っていますが、規定以上の薬剤成分が入っていると血液の流れが過剰になりやがて急激に血圧を下げてしまいます。
そうなると重大な場合は意識障害や呼吸困難を引き起こしてしまう恐れがあります。過去にはこのようなケースが実際に起きているのです。
ED治療薬を服用して何かしら体調に違和感を覚えたり、副作用の大きさに困った場合には服用するのを一度止めるようにしましょう。継続して無理に服用するのは控えるようにしてください。

このように偽物のED治療薬を服用すると体に重大な被害を受けてしまうリスクが高いです。
被害を受けないためにも偽物のED治療薬を購入するのはもちろん絶対に服用してはいけないことを前もって理解しておきましょう。


ED治療薬の偽物を見分ける方法

偽物の見分け方

上記でも述べているように偽物ED治療薬が多く出回っていることや服用に関してのリスクが高いことが分かって頂けたかと思います。
しかし、いくら偽物のED治療薬に対して注意を払っていても肝心の見分け方を知らないと対策のしようがありません。
ED治療薬の偽物を見分ける方法はどのようにして行うべきかを詳しく紹介します。

一番正確な見分け方としては、病院で処方されている正規品のED治療薬と比較して見分けるのが一番だと思います。しかし、わざわざ病院に行くのが面倒に感じる方や足を運ぶのに勇気がいる方もいるでしょう。また、病院処方のED治療薬は金額が高いので色々とネックにもなります。

そこで通販サイトで販売されているED治療薬で偽物を見分ける方法について紹介します。主に写真で見分けがつけば問題ないですが、実際に写真だけで判断するのは正直難しいです。
形状も以前よりも見分け方が難しくなっていますが、薬剤に製薬会社のロゴや薬の成分量がしっかり刻印されているかを確認してみましょう。偽物には刻印がされていなかったり1つ1つの薬剤に対しての刻印が歪んでいるようなこともあります。

見分け方がハッキリしているのが薬剤の溶け方です。水の中に薬剤を入れてみると溶け具合を確認することができます。
正規品は水に溶かしてから約1分ほどでは均一に溶け始め、2分~3分ほどでは薬剤の姿形が完全に無くなるのに対し偽物の場合は水に溶けるスピードが遅いのが特徴です。
水に溶かしてみても3分ほどで溶け始めたり、場合によっては5分以上が経過してもいっこうに溶けないこともあります。
偽物ED治療薬に対する不信感があり判断が難しく見分けがつかない場合は薬剤を一度水の中に入れて溶かしてみるのをオススメします。


ED治療薬の偽物 工場の実態

偽物薬工場の実態

ED治療薬には偽物が多く存在することを紹介しましたが、このような偽物の薬剤は一体どのような場所で製造されているのかご存知でしょうか?
これまでに海外で摘発されてきた工場は、偽物のED治療薬を製造しているとは思えないような場所にありました。

それは誰にも気づかれないような古いアパートの一室であったり、地下にひっそり佇むガレージなどです。そのような場所を製造工場としています。
到底薬が製造されているとは思えない環境であり、捜査の届きにくいような場所で機密に偽物薬品が次々と製造されているのです。

そして、このような場所は誰が見ても衛生的とは言えないような劣悪な環境です。室内は散らかり放題であり不衛生でホコリを被って汚れた機材などで主に製造されています。
不衛生な環境で製造された偽物の薬剤には、当然体にとって有害となるホコリや不純物が含まれている可能性が非常に高いです。

このような環境で薬剤についての知識が薄い素人が製造する偽物のED治療薬を服用した場合は当然体に悪影響を及ぼすことは明らかです。そんな有害な薬を自身の体に取り入れると考えたらとても恐ろしく思えてくるでしょう。
ED治療薬の偽物が製造されている工場にはこのような実態があるのです。


ED治療薬の偽物で死亡するケースも?

倒れる男性

これまで偽物のED治療薬を服用することのリスクや見分け方について紹介しました。誰もが偽物の薬だとあらかじめ知っていれば服用することはないでしょう。
しかし、年々作り方が巧妙となり偽物と正規品の見分けが困難となっているのが事実です。そのため知らない間に偽物のED治療薬を服用してしまうというケースが一向に減らないのです。

このようなED治療薬の偽物を服用することによって、過去には海外で死亡者が出ているケースもあります。それは同じアジア圏のシンガポールにて、2008年の2月~5月までの短期間に40人が健康被害を訴えてそのうち4人が死亡するという事例がありました。
健康被害が出た原因については、後に偽物のED治療薬を服用する際に他の精力剤や漢方薬を併用していたということが判明し、偽物ED治療薬の存在を一気に世間へと知らしめることになりました。

また日本国内でも偽物のED治療薬を服用したことがキッカケとなり、後に意識障害を起こして死亡するという事例がありました。
このような事例が起こってから、偽物のED治療薬が人体に対して有害であり時には死亡事故に繋がるという認識が世間では広がるようになりました。
ED治療薬は勃起不全を改善してくれる貴重な役割を持っていますが、世の中には多くの偽物も存在しており服用することは大きなリスクが伴うということをしっかり認識しておきましょう。


ED治療薬の偽物への危機意識を持とう

危機意識

通販サイトでED治療薬を購入したことがある人への意識アンケートでは、偽物ED治療薬が存在することを知っているという方は90%にも上るそうです。
また、偽物と正規品の区別が分からないという方も75%以上になっています。
したがって、多くの方が「偽物ED治療薬の存在を認識しているけれど正規品との区別は分からない」ということが判明しているのです。

しかし、「正規品を購入していると思う」と答える人が多いこともアンケートでは明らかになっています。
このような回答が多いことは「自分だけは正規品を購入できている」という考えを持った人が多いことを示しています。
では、一体何を根拠にこのような自信があるのでしょうか。

実際には通販サイトで販売されているED治療薬のうち約半数近くが偽物と指摘されています。そのため偽物を購入しないように購入者は危機意識を持たなければなりません。
他のサイトより値段が安いからというような安易な理由で購入することは大変危険です。
「もしかして偽物かも」という危機意識を持つことで、正規品を購入することや自身の体を守ることへと繋がります。

通販サイトでは処方箋なしでED治療薬を簡単に購入できるという便利な点がありますが、購入する際には常に偽物のED治療薬に対しての危機意識を持つようにしましょう。