ED治療薬徹底比較
  • TOP
  • > ED治療薬についての疑問

ED治療薬についての様々な疑問を解消します。

ED治療薬がおすすめな理由とは?あらゆる疑問を解消!

疑問に考える

ED治療薬を服用すれば勃起力が高まることや勃起不全を改善できることは多くの方が認識していると思います。しかし、それ以外のことについては知られていないことが多いのも事実です。
普段からED治療薬を使用している方でも詳しく認識していないことも多々あります。
特にこれまでED治療薬との縁がなかった方や、これから使用を考えている方も同様に様々な疑問があることでしょう。

たとえばED治療薬に関して「性欲も同時に高めることができるのか?」「医療保険が適用されるのか?」といった疑問や使用についてのあらゆる疑問があると思います。
体内に入れる薬によってどのような効果がもたらされるのか、薬のかかる費用は一体いくらぐらいなのかという数々の疑問について事前に知ることで不安も解消することができます。

このような疑問について少しずつ解消しながらED治療薬を活用することに取り組みましょう。
そうすればED(勃起不全)に対しても少しポジティブに考えられると思います。
あらゆる疑問を少しでも解消できるようにぜひ参考にしてださい。

ED治療薬で勃起不全を完治できる?

勃起を確認する男性

例えば風邪を引いた場合には風邪薬を服用することで治療して元の健康な体に戻ることができます。
ED治療薬も同様に服用すると勃起不全を完治することは可能でしょうか?
これまでにED治療薬を使用したことのある方は実に80%以上の方が優れた勃起効果に満足しているようです。
しかし、以前のように強い勃起力が得られたとしても完全に勃起不全が治ったというわけではありません。

ED治療薬を服用して今までのように勃起できるようになると、思わず頭の中では勃起不全が完治したと錯覚してしまうでしょう。
しかし残念ながら薬の効果が徐々に無くなると勃起を促す力が弱くなり、やがて勃起するのが難しい元の体へと戻ってしまうのです。
このようなことから、ED治療薬はあくまで一時的に強い勃起力が得られる薬ということを認識しなければなりません。

もしEDを根本的に治療したいと考えるならば、病院での手術や最新治療法を選ぶもしくは食事・睡眠・運動などの生活習慣を徹底的に見直す方法が挙げられます。
病院での場合は高額の手術費用が必要となり、生活習慣を見直して体の機能を高めるには相応の期間を要します。
どちらにしても経済的な負担や忍耐を強いられるため途中で断念してしまうこともあります。

しかし、ED治療薬はお金をかけずに服用するだけで短時間で勃起不全を改善してくれるという大きなメリットがあります。
したがって、多額の費用と時間を省くにはED治療薬を使用してED改善した方が得策だと考えた方がよいでしょう。

ED治療薬で性欲が高まる?

腕を掲げる

ED治療薬といえば、勃起不全を改善してセックスするのに必要な強い勃起力が得られるというイメージを持った方が多いです。
若い頃のような強い勃起力や勃起不全を改善するためにED治療薬を服用しますが、実際に性欲が高まるようなことはあるのでしょうか?

性欲とは「セックスがしたい」「女性の体に触りたい」というような異性に対しての意欲やあらゆる欲求が高まることですが、ED治療薬を服用しても決してこのような欲求が高まるわけではありません。
あくまでED治療薬は、服用した方が女性の体を想像して性的欲求が高まったり陰茎への性的刺激があった場合に勃起を促すための働きを持っている薬です。
服用すると強制的に性欲を高められるというような医学的根拠は全く無いのです。
したがって、ED治療薬に対して性欲を高めるような働きにはあまり期待しない方がよいでしょう。

頭痛や発熱などの身体的な病気や精神的な病気を患って性欲があまり無い場合には、無理にED治療薬を服用することは控えるようにしましょう。
しかし、中にはED治療薬を服用することでセックスに対しての積極性を高めている方もいます。
考え方は人それぞれですが、ED治療薬を服用すると「セックスに前向きに取り組めて性欲が高まる」というイメージが脳や体に対して働くことがあります。
このようなことは医学では解明できない精神的な作用だといえます。

性欲が高まる要因や現れ方は様々で人それぞれによっても個人差があります。無理に意欲を高めることは難しいのが事実です。
あくまでセックスがしたいという欲求をコントロールできるのは自分の意思次第だと認識しておきましょう。

ED治療薬の値段はどれくらい?

薬とお金

ドラッグストアやコンビニなどの市販店では手に入らないED治療薬の値段は一体どのくらいでしょうか?
特にこれまで一度も使用したことがない方は値段が高いのか安いのかは全く分からないという方も多いと思います。
今後の購入や使用を考えている方は頭に入れておいてぜひ参考にしてください。

現在ED治療薬を入手するためには病院処方と通販購入の2つ方法があります。
ED治療薬の種類によって値段に多少の違いがありますが、病院処方の場合だと値段が高くなってしまいます。
バイアグラに例えると病院処方では25mgの1錠あたりが1,000円~1,300円程度で、50mgの1錠あたりだと1,500円~2,000円程度になります。
病院ではED治療については自由診療となるため薬に対する値段が一定ではありません。病院側によっても値段が違うので多少高くなることをあらかじめ想定しておいた方がよいでしょう。
また、病院では他にも初診や再診などの診察料も支払う義務があることを忘れてはいけません。

通販で販売されているED治療薬の値段は25mgの1錠あたりが1,200円~1,400円程度で、50mgの1錠あたりだと1,350円~1,600円程度です。しかし通販では1錠単位での購入ができないため1箱単位での購入となります。
値段的には病院処方よりも通販の方が安くで購入できます。しかし箱買いとなることを認識しておいてください。
ED治療薬の継続的使用を考えれば通販で購入して常備するのがよいでしょう。

ED治療薬に医療保険は適用される?

頑固な医師

ED治療薬が販売されていないことを知らずにドラッグストアに探し求めるという男性は少なくありません。しかし残念ながらED治療薬を市販で購入することはできないのです。
欧米諸国など海外では市販などで簡単に購入することができますが、日本国内では市販での販売が認められていません。
その理由としてED治療薬は医療用の医薬品に該当しており、手に入れるには病院などの医療機関を訪れて医師による診察と処方を得るのが絶対条件となるからです。

そこで気になるのが医療保険が適用されるのか?という疑問です。
結論からするとED治療薬には医療保険は適用されません。その理由にはED(勃起不全)は医学的観点からすると病気として認定されていないことが挙げられます。
頭痛や腹痛などの症状は悪化した場合に健康を害する恐れがあるため医療保険が適用されます。
しかし、EDの場合は発症したとしても普段生活する上での絶対的な障害にはならないという見解があるため、医療保険が適用されない仕組みになっているのです。

またED治療薬は医療用医薬品として認められていますが、あくまで勃起不全を一時的に改善するものであり根本的な治療方法には当てはまらないということが位置づけられています。
もしED治療薬を病院で処方してもらう場合には、医療保険が適用されずに全額が自己負担となります。その際、思っている以上の金額を請求されることもあることを前もってしっかり認識しておきましょう。

ED治療薬と食事を一緒に摂っても大丈夫?

食事する男性

どのような薬にしても、服用する際にまず注意すべき点として挙げられるのが食事との関係や服用するタイミングです。
薬の服用に関しては食前や食後、または頓服や空腹時などがありますが、薬の種類によって服用するタイミングや食事との関係が異なります。
そこで疑問に思うのがED治療薬を飲む前に食事を摂っても大丈夫なのか?という点です。

ED治療薬は食事の影響を受けやすいという特徴があります。特に脂分の多い揚げ物や肉料理などは消化するにも時間が掛かりED治療薬の効果を下げてしまいます。この場合は服用しても思うような勃起力が得られないことがあります。
そのため強い勃起力を得たいと考えるならば空腹時に服用すべきと認識しておきましょう。

しかし、中にはシアリスやステンドラのように食事の影響を受けにくいED治療薬も存在します。これらの種類は食事を摂っても勃起効果が影響されないように改良されています。
どうしてもセックス前にパートナーとの食事を楽しみたいという方にはこちらがオススメです。

食事を摂ることは生活する上では欠かせないため、様々な種類が存在するED治療薬の中から選ぶにあたり重要なポイントになります。
このように食事の影響を受けやすいタイプと受けにくいタイプのED治療薬があることを認識しておきましょう。

ED治療薬とお酒を飲んでも大丈夫?

お酒で乾杯

恋人やパートナーとのデートにはお酒が欠かせないという方は多いのではないでしょうか?
お互いの距離を縮めるのにも最適で、高まる緊張をほぐすために何としてもお酒の力を借りたいという方は多いと思います。
そこで気になるのがED治療薬を服用する際にお酒を飲んでも大丈夫なのか?という点です。

本来は薬とお酒を一緒に服用すると後に副作用を起こしやすくなるため大変危険とされています。
医学的観点からすればED治療薬と一緒にお酒を飲むことは禁止されていませんが、飲むお酒の量については注意すべき点があります。

当然ながらお酒の飲みすぎは体や脳にも悪影響を与えてしまうため注意が必要となります。
短時間で大量のアルコールを摂取すると脳内の働きを抑えてしまい、思考力が弱まるだけでなく体の機能が低下してしまい思うような勃起効果が得られなくなります。 このような状態でセックスなど激しく体を動かすことは心臓に大きな負担をかけてしまいます。

お酒の飲みすぎるとこのような副作用を起こす可能性を高めてしまうため、危険であることを前もって認識しておきましょう。
リラックスするためにお酒を飲むことも大事ですが、ED治療薬と一緒にお酒を飲む際は適量がベストだと心がけましょう。

ED治療薬に年齢制限はあるの?

薬を飲む高齢の男性

かつてED(勃起不全)は主に50代以上の男性が発症するものと言われていました。
個人差はありますが加齢とともに性機能が衰えてしまいEDを発症しやすくなります。しかし、現代では20代や30代などの若年層から発症する方が増えているのも事実です。
幅広い年齢層から支持を得ているED治療薬には使用するにあたり年齢制限はあるのでしょうか?

結論からすれば服用するにあたり特に年齢制限はありません。しかし未成年や高齢者などが服用する場合は、人体への負担が大きく危険との指摘がされています。
たとえ20歳未満の未成年であってもED治療薬を服用することは法律上でも特に問題はありませんが、病院などの医療機関では20歳以上からの服用が推奨されています。

また、80歳以上の高齢者の方でもED治療薬を服用するのは可能です。性欲があればしっかり勃起効果が得られるでしょう。
しかし、服用量が多くなると体の血圧が激しく低下する恐れがあるので特に高齢者の方は服用に関しての注意が必要となります。
また体調が優れない場合は、服用しても思うような勃起効果が得られないことがありますので認識しておきましょう。

このようにED治療薬の服用に関して年齢制限はありません。したがって、勃起不全に悩む方は年齢に問わずED治療薬を服用するのをオススメします。

ED治療薬に依存性はある?

依存性に苦しむ男性

依存症と聞くとアルコール依存症や薬物依存症などのイメージがあると思います。
依存症とは特定の物質を服用して得られる効果に対しての悦びや快楽を得て、次第に価値の高いものへと変わり何よりも優先的に行動するように変わってしまうことです。
特に気持ちを高ぶらせたり落ち着かせる効果のある、アルコールやタバコのような精神的作用を持つものが依存症との関係が強いとされています。抗うつ剤などの精神的に作用する薬も同様です。

ED治療薬を服用した場合、体の血流を良くする作用を持っていますが人の脳や精神に直接作用を促すような物質は含まれていません。
したがって、医学的な観点からすればED治療薬を服用し続けたとしても依存性にはなりません。極端な話ですが毎日服用したとしても問題はないのです。

しかしセックスする度にED治療薬が欠かせなくなったりすると、服用を止めた際のED症状再発に対する不安を抱いてしまい再びED治療薬に頼ってしまうようなケースがあります。
このようにED治療薬の服用がどうしても止められない場合は精神的な依存症を起こしているとも言えます。

精神的な依存症から抜け出すためには、何よりもED治療薬を服用しなくても勃起できるという自信をつけなくてはなりません。
そのためには、本格的な治療に乗り出すことも選択肢の1つに入れておくとよいでしょう。