ED治療薬徹底比較
  • TOP
  • >EDの改善方法

EDの改善方法について詳しく紹介します。

EDを改善する治療薬

ED治療薬

ED(勃起不全)を発症すると精神的なショックが大きいばかりでなく、仲の良い友人や家族に対してもなかなか相談しづらいことでしょう。
現在日本国内で何かしらのED症状に悩んでいる方は成人男性全体のうち4人に1人の確率といわれています。
この割合を見ると決して少なくないと感じるはずです。

昔は治すのが大変難しい男性特有の症状とされていたEDですが、現在はED治療薬を用いて勃起改善することができます。まさにED患者にとっては希望の薬ともいえるでしょう。
ED治療薬を服用するだけで若い頃のような力強い勃起が取り戻せるというのは頼りがあり心強い存在です。バイアグラが世界で初めて販売されてから15年以上が経ち、今では次々と新薬やジェネリックのED治療薬が誕生しています。

ED治療薬は病院に限らずPCやスマホを利用して通販でも簡単に注文することができます。
病院でしっかり医師に診断してもらい自身の症状に合ったED治療薬を処方してもらう方法もありますし、誰にもバレずに購入したい場合は通販を利用する方法もあります。
このような選択肢があるメリットを最大限に利用しましょう。

たとえEDを発症したとしても、早いうちに改善に向けて取り組むことで早期解決へと繋がります。
一人で悩まずにED治療薬で勃起不全を改善するようにしましょう。
他にもEDの改善に繋がる食事・睡眠・運動・精力剤を活用する方法がありますので詳しく紹介します。ぜひ参考にしてください。

EDを改善する食事

牡蠣

生活習慣病になるとEDを発症するリスクが高まるとされています。その生活習慣病と関係性のある食事を改善することでED改善へと繋がります。
特に私たちが日々行っている食事に関しては、栄養バランスの摂取を疎かにすると生活習慣病に繋がりやすく最も重大な要素となります。

EDを改善するためには毎日の食事に対して気を配らなければなりません。少し難しいように思えますが、食事を変えるだけでED改善に繋がると考えると前向きになれるでしょう。 しかし、EDを改善するためにベストとなるのはどのような食事なのでしょうか?

食事によって体内に取り込まれる栄養素が決まります。特にEDの改善に有効となる栄養素を3つに絞ると亜鉛・アルギニン・セレンが挙げられます。 この3つの栄養素を普段の食事から意識して摂り入れるようにしましょう。食事で摂るのが難しい場合はサプリメントを利用するのもオススメです。 EDを改善するための食材を紹介しますので参考にしてください。


・亜鉛

亜鉛は人の髪の毛や爪を生成したり細胞を作るのに欠かせないミネラルです。タンパク質が豊富に含まれていて男性に必要な精力を高めてくれる貴重な栄養素です。
セックスに欠かせない栄養素として別名では「セックス・ミネラル」とも呼ばれるほどです。
主に亜鉛が多く含まれている食材・・・(牡蠣・牛レバー・煮干し・ホタテ・ゴマなど)



・アルギニン

アルギニンは必須アミノ酸の1つで老化を防いで抵抗力を上げる働きを持っています。動脈硬化を改善して勃起に必要な血管を拡張する効果があります。
他にも男性ホルモン量を増やして精子の生産量を上げる役割があります。
主にアルギニンが多く含まれている食材・・・(牛肉・鶏肉・大豆・えび・ナッツなど)



・セレン

セレンには抗酸化作用があり神経機能を向上させデトックス(解毒)作用などの働きを持っています。
男性機能を高めたりやがん予防対策にも効果があります。
主にセレンが多く含まれている食材・・・(マグロ・かつお・納豆・小麦・玄米など)

EDを改善する質の高い睡眠

眠る男性

私たちは毎日の睡眠によって体に蓄積する疲れを癒すとともに脳や体内の機能を修復しています。
そればかりでなく、睡眠にはストレスを取り除いて気持ちを落ち着かせて精神バランスを整える役目も担っています。
もし睡眠時間が少ない場合、スッキリと目覚めることができず朝からイライラした気持ちで過ごすことになります。

睡眠時間が少なかったり質が低い場合は、仕事をする上でもパフォーマンスが下がってしまうなどの悪循環へと陥ります。やがては性欲や男性機能が低下してEDを発症しやすくなるのです。
EDを改善するためには質の高い睡眠を摂ることが重要となります。

一般的には1日6時間~7時間ほどの睡眠時間をとるのが良いと推奨されています。そして質の高い睡眠を得るために何より重要となるのが就寝に入る時間帯です。
睡眠すると成長ホルモンが分泌されますが、眠りに入る時間帯によっては分泌が少なくなり体の機能がうまく修復されません。
特に成長ホルモンの分泌が活発になる時間帯が夜10時~深夜2時までとなっています。この時間帯に就寝することで男性機能を高めることができます。

EDの症状に苦しんでいる方や性欲減退に悩んでいる方は、自身の睡眠を一度見直して改善に取り組んでみることをオススメします。

EDを改善する定期的な運動

ジョギングする男性

運動するのが好きな方は日頃から体を動かしていると思いますが、運動嫌いな方は滅多に体を動かさない傾向が見られます。
特に現代人はどこへ移動するにも車や電車などに頼りがちで、とにかく歩くのが苦手という方が増えています。
実はEDを患っている方は日頃から体を動かすのが苦手な方が多い特徴があります。

運動不足は生活習慣病を招くものですが、同時にEDを発症しやすくなることも指摘されています。
もし長期間かけて体を動かさなくなると、次第に筋力が落ちていくのと同時に体内の血管や神経も衰えていきます。やがては血液の循環も悪くなり男性機能を低下させてEDを発症してしまうという流れになるのです。

EDを改善するためにもなるべく定期的な運動を取り入れることを心がけましょう。運動と聞くと激しく体を動かすイメージがあると思います。
しかしEDを改善する運動とはウォーキングやジョギングなどを示すもので特に体を激しく動かす必要はありません。
特に推奨されているのが有酸素運動です。1日20分~30分程度のウォーキングやジョギングを週2~3日続けることが推奨されています。
有酸素運動には、体内の血液循環が良くなり血中酸素を上げるとともに血管や神経を若返らせて男性機能の働きを高める効果があります。

また運動には体の筋力や機能を上げるだけでなく精神バランスを整える効果もあります。体を動かすことでストレス解消にもなり心もリフレッシュできるでしょう。
ぜひ定期的な運動を続けて男性らしい筋力を取り戻してEDの改善へと繋げましょう。

EDを改善する精力剤

様々な精力剤

EDを改善するものとして意外に知られていないのが精力剤の活用です。よくED治療薬と精力剤を同じものだと勘違いする方もいますが根本的な役割に違いがあります。
ED治療薬はあくまで体の血流を改善して性欲が高まると陰茎が勃起するように促す薬です。
しかし、精力剤は滋養強壮や肉体疲労を目的として体の機能や性欲を高めて健康維持に役立てる医薬品やサプリメントを示しています。

精力剤は「医薬品」と「サプリメント」の2種類に分かれています。医薬品の精力剤は滋養強壮を目的としてビタミンやニンニク成分が配合されていることが多いです。主にドラッグストアなどで販売されている栄養ドリンクも含まれます。
また薬剤師からの許可や指導が必要となる第1類医薬品も同じように分類されます。

サプリメントによる精力剤はミネラルやアミノ酸・植物成分が配合されたものを服用しやすいように錠剤やカプセルの形状にしています。
どちらも普段の食事では補えない栄養素を短時間で摂取できるように開発されたものです。

このような精力剤を定期的に服用することで徐々に体の機能向上や男性ホルモンを活発にして男性機能を高めることが可能となります。
短期間で勃起させるにはED治療薬を選ぶほうが効率的ですが、抵抗がある方は精力剤を利用してまずは体の機能を高めて根本的なED改善へと取り組むのがよいでしょう。

EDと年齢の関係

考える高齢男性

EDと年齢には密接な関係があります。男性に限らず人は誰でも年齢を重ねるごとに体力が徐々に落ちていくものです。
また体の機能が低下するばかりでなく性に対しての欲求も低下していきます。
そうなると次第にセックスを行う頻度が少なくなり男性機能が低下してEDの発症へと繋がるのです。

病院を訪れているED患者の年齢層は、主に40代後半~50代前半にかけての男性が中心となっています。
そう考えると40代~50代の年齢層になるにしたがってEDを発症しやすいということが分かります。
人によって体力の落ち方にも個人差がありますが、多くの男性が40代以降に体力の低下が著しくなっていることが伺えます。

動脈硬化や糖尿病などの生活習慣病を患うと後にEDを発症しやすくなることが解明されています。
年齢を重ねるごとに生活習慣病のリスクが高まることからも、40代以降の男性は加齢とともにEDを発症しやすくなることをあらかじめ認識しておくべきでしょう。

しかし必ずしも40代以降にEDを発症するとは限りません。近年では20代や30代などの若年層でも勃起不全や中折れに悩む方が増加しているため「EDは中高年の病気」という世間でのイメージが徐々に崩れています。
したがって、EDは40代以降に発症しやすいというのはあくまで過去のイメージに過ぎないと捉えるべきなのです。

EDと早漏の関係

不機嫌な男女

早漏とはセックスの際に挿入から3分以内に自分の意図に反して射精してしまうものですが、もちろんパートナーに対しては良い印象を与えません。
自身のプライドに大きく傷が付いてしまい、やがて今後のセックスへの不安を生み出す原因にもなります。

男性特有の悩みともいえる早漏とEDですが、実はこの2つには強い関係性があることが分かっています。
勃起すると当然陰茎は固くなりますが、EDに悩む方は勃起の力が弱く陰茎が十分に硬くならずセックスの最中でも中折れを起こしやすいという特徴があります。
勃起力が強い場合は陰茎が刺激を受けても感覚が鈍くなりますが、勃起力が弱い場合は刺激を受けやすく感覚も敏感になります。
セックスでの行為や挿入する際は陰茎に対して激しい刺激が伴うものです。したがって、勃起が弱い場合だと刺激に対して敏感になりやすくなり短時間で射精してしまう頻度が多くなるのです。

その早漏対策としてED治療薬を使用する方が近年増えているようです。理由として強い勃起力が得られることでセックスに対する自身を得られるのが精神的な要素へとプラスに働いているようです。
医学的な観点からすれば、早漏に対しての効果は認められていません。
しかし、ED治療薬には勃起を促して陰茎を硬くする効果があるため刺激に対して強くなり早漏対策にもなるという見方があるのも事実です。
早漏に悩む方は一度ED治療薬を試してみるのもよいでしょう。