ED治療薬徹底比較
  • TOP
  • >膣内射精障害について

膣内射精障害に関する様々な情報を詳しく紹介します。

膣内射精障害とは?

女性にストップを促す男性

通常のセックスは女性の膣内に男性器を挿入して行うものです。女性は膣内で男性の陰茎から刺激を受けて快感を得られ、男性も女性の膣内で陰茎が刺激を受けてやがて射精へと達します。
しかし近年は膣内射精障害に悩む男性が増加しているのをご存知でしょうか?

膣内射精障害とは女性の膣内に挿入する際に勃起が収まってしまったり、挿入できたとしても何らかの原因によって女性の膣内で射精できない症状のことを指します。
どのような女性に対しても射精できないことや、ある特定の女性だけに対して射精できないこともあります。
勃起機能自体に問題はないのでED(勃起不全)の症状とは全く異なります。

男性側にとって勃起する能力があるにも関わらず膣内で射精できないことは致命的ともいえます。自分の不甲斐なさや今後のセックスに対してもネガティブな気持ちを抱いてしまいます。
またパートナーとなる女性側にも「もしかして私に魅力がないから?」と精神的に傷つき落ち込んだりと大変不愉快な気持ちにさせてしまうことでしょう。

このようなセックスに対する不満が大きくなると、お付き合いをしている彼女や共に生活する妻との関係を崩してしまうこともあります。子どもが欲しいと考える夫婦にとっては妊活への大きな障害となるでしょう。
男性にとって自身のプライドを大きく傷つけるものであり、今後のセックスに対するモチベーションにも強く影響を及ぼしてしまいます。
そうならないためにも膣内射精障害についての知識を高めましょう。

膣内射精障害の原因

落ち込む女性

男女ともにセックスに対するモチベーションを下げる影響のある膣内射精障害ですが、原因にはどのようなことが考えられるのでしょうか?

人によっても様々な原因がありますが、主にマスターベーションなどの自慰行為によるものが大きいと考えられています。
定期的に行っているマスターベーションではしっかり射精できるものの、セックスではうまく射精できないという男性の意見が多いようです。
特に若年層はセックスに対する大きな憧れを抱きがちで、実際にセックスする際には極度の緊張によって膣内でうまく射精できないということが挙げられます。
もしマスターベーションの頻度が多い場合、セックスでの刺激に対して思うような快感を得られなくなることがあります。依存することのないように意識しましょう。

他にもパートナーとの過去のセックスに対するトラブルから大きな精神的ダメージを受けて膣内射精障害へと直結することも考えられます。
このような場合は、まずセックスの際に生じる精神的ストレスを和らげる必要があります。
そのためにはパートナーとのセックスで経験を増やして少しずつ自信を得る方法や、病院の心理カウンセラーに相談して問題を解決するなどの心理療法があります。

経験を増やして自信を得たり他の人に頼りながらも膣内射精障害を克服することができます。自身の症状を把握して早めに治療に取り組むことが重要となります。

膣内射精障害に悩む人は多い

落ち込む男性

このような膣内射精障害に悩む人は近年増加してますが、海外では特に取り上げられるほどの注目はされていません。
主に日本国内で膣内射精障害を抱えている男性が多い理由としては、子供の頃から学校での性に関する教育が極端に少ないことが影響しているといわれています。

そのため日本人は性への関心に目覚める年齢も海外と比べて遅いという特徴があります。義務教育の中で性教育が少ない分、やがて性に関する情報を何かと独自で入れようとします。
現在ではネット中にアダルト動画などが多く氾濫しており、何かと女性の裸体などに興味を抱きイメージしやすい環境になっています。
しかし、これまでのイメージと異なり実際に行う女性とのセックスとのギャップに苦しむことがあります。
このようなことが原因となり膣内射精障害へと繋がるのです。

膣内射精障害に悩む男性は全体の約1割程度といわれてますが、実際には潜在的にもっと多くいるようです。
主に若年層が中心となりますが、長年一緒に付き添っている夫婦においても膣内射精障害に悩む方もいます。
そのような方はパートナーとのセックスに対してマンネリ化してしまい、相手から性的刺激を受けても興奮度が高まらず射精ができなくなる一種のED症状にも近いといえるでしょう。

しかし、お互いへの愛情が薄れていくとセックスレスになりやがては離婚問題に発展することもあるのです。したがって膣内射精障害のことをもっと重大な問題として考える必要があります。

膣内射精障害と早漏の共通点

指をさされる男性

セックスでパートナーの女性を喜ばせたいと意気込む男性にとって早漏は大きく自信を損ねるものです。また相手側の女性にとっては不完全燃焼でモヤモヤとした気持ちだけが残り決して満足できません。
お互いの関係性にもヒビが入ったりとかなり気まずくなり、何かと今後のセックスにも不安を生じるものです。

膣内射精障害とはセックスの肝心なラストで射精できずに不発に終わることですが、早漏と同様に男女ともに満足できずセックスに対しての大きな心残りになってしまいます。
セックスに対する不満な点として膣内射精障害と早漏はどちらにしても女性から好まれないということが共通しています。
この2つの症状には早く射精してしまうことと射精ができないことの大きな違いがありますが、ともに自身の思い通りに射精することができないという似通った症状といえます。

どちらにしてもセックスに対しての経験値が少ないことや精神的な不安を抱えていることが大きな原因の1つとなっています。
この2つの症状をそのまま放置していても時間が解決してくれる問題ではありません。今では治療薬や病院での定期治療、改善方法などもあります。
自身の症状としっかり向き合うとともに治療や改善に向けて前向きに取り組みましょう。

膣内射精障害とEDの違い

疑問に思う男性

膣内射精障害とEDは男性が持つセックスへの悩みという部分は共通していますが症状については全く異なります。
この2つの症状には勃起機能があるかないかという部分に関しての大きな違いがあります。

膣内射精障害の方はセックスがしたいという欲求や性的刺激がある場合にしっかり勃起することは可能ですが、EDの方は勃起機能自体に何かしらの問題があります。
そのためセックスに対する障害が少ないのは膣内射精障害の方といえるでしょう。
症状の重さにもよりますが、EDの症状は勃起自体が思うようにできないため自然とセックスへのハードルが高くなってしまいます。
セックスがしたいという欲求があっても行動ができないのは何とも歯痒く、子孫を残す能力を持つ男性にとっては大変ツライ思いを抱くことでしょう。
したがって、膣内射精障害に苦しんでいてもそれほど重く捉える必要はないのです。

しかし、将来的には子供が欲しいと考える方にとって膣内射精障害は子作りに対しての大きな障害となります。
もし女性の膣内でうまく射精ができないとなると妊娠率は極めて低い確率になるからです。
結婚してすぐにでも子供が欲しいという方は、まず膣内射精障害をしっかり治すことを先決に考えるべきでしょう。

ED治療薬の通販はこちら