ED治療薬徹底比較
  • TOP
  • > バイアグラゴールドは模造品です!

偽物バイアグラは本物の錠剤と比較して色と形に相違点あり。また水に溶かすことで模造品の判別ができます。

バイアグラゴールドとは

バイアグラゴールドの容器

一見、バイアグラの高級品のような印象を与えるバイアグラゴールド(またはゴールドバイアグラ)。錠剤は金色で、薬が入ったボトルのラベル表記も金色になっているのが特徴で、近年日本でも見られることが多くなりました。カマグラゴールドと名前が似ているため一瞬本物であるかのような印象を受けますが、これは真っ赤な「ニセモノ」です。



バイアグラゴールド錠

バイアグラを製造するファイザーでは、バイアグラと名前が付く薬は「バイアグラ錠」と、2016年から販売が開始された「バイアグラODフィルム」のみです。したがってバイアグラゴールドは100%偽物であるというわけです。
にも関わらずなぜバイアグラゴールドが出回っているのかといいますと、人の欲求とプレミアム感が心をコントロールできず、好奇心で手を出してしまう方が多いからと考えられます。

バイアグラゴールドの正体

吐き気

バイアグラゴールドには、本物の4倍以上もの成分が含まれているとされています。偽物にもバイアグラと同じシルデナフィルが成分として入っていますが、その量は本物よりも過剰に多く、薬の即効性と持続性を期待するがあまり、手を出してしまう方がいるというわけです。 ただし誤解して欲しくないのは、成分が本物よりも多く含有されている薬でも効果と持続時間に影響は与えません。逆に、激しい頭痛や腹痛、吐き気、めまい、動悸、視覚障害などのような副作用リスクが通常以上に現れやすくなります。また、シルデナフィル以外の成分も混入されている可能性も否定できず、安全性の保証はありません。バイアグラゴールドが「死の薬」と言われる所以がそこにあります。

模造品バイアグラの存在

バイアグラ錠

偽物は何もバイアグラゴールドだけとは限りません。確認されたところだけでも約60ヶ国で多くの模造品が生産され、知らずうちに出回っているのが現状です。 錠剤の姿形が巧妙に作られているものもあれば、色や形が全く違うものでありながらも、薬の効果を疑うことなく信じきったことで服用してしまい体調悪化を招くケースが多く見られます。決して他人事でないバイアグラの偽物の存在。しかし知識をつけることで、服用時の事故を未然に防ぐことができます。

偽物薬の特徴

押収された偽バイアグラ

偽物のバイアグラは近年、ひと目ではわからないほど精巧に作られています。バイアグラの特長でもある青いひし形の「ブルーダイヤ」や薬の表面の「pfizer」の刻印も本物とそっくりに作られていて、よく見なければその違いはなかなかわかりません。若干色が薄かったり、ファイザーの刻印が雑であったり錠剤の色つやが無かったりするなど細かく見ればわかりますが、本物を見たことのない方にとって見分けるのは難しいでしょう。

偽物を見破る方法

錠剤が本物であるかを調べるためには、2つの方法があります。
一つが「錠剤を2つに割って確認する方法」。バイアグラの錠剤は本来2つに割ると、表面が青色、中身は白色になっているはずです。逆に、中身も青色であれば偽物であると判断できます。
そしてもうひとつが「水に溶かす方法」です。

バイアグラの溶解

本物の場合、水に入れると約1分後に溶けはじめ、2分経過するとまるで砂糖の山のようになり、元の形も分からなくなります。 一方偽物は、1~2分程度では反応を示さず、3分以上が経過したころにようやく溶けはじめ、錠剤が変形していきます。中には10分以上経ってもほとんど溶けずに形を保つ薬もあり、このような姿かたちを見せるものは偽物と判断できます。


偽バイアグラ製造工場

また、偽物は純粋な白色ではなく、不純物が混ざったような濁った色を見せながら溶けていきます。偽物のバイアグラは劣悪な環境で製造されているものがほとんどで、製造場所に散乱するゴミや動物の糞、カビといった微生物が数多く含まれている可能性が高いと言えます。このような薬が体内に入れば健康状態もおだやかなわけがありません。

購入した際はまずは1錠を手に取り、本物かどうかを確認することが安心安全に繋がります。錠剤を割って水に溶かしたとしても、本物であることが確認できればそのまま飲むことができますので無駄にしません。

ファイザーの対策

会議の風景

バイアグラを販売するファイザーはこれまで、世界中に蔓延する偽物の対策を度々進めてきました。
2006年には、偽造防止用にラベルにQRコードが貼られたボトルを販売。その1年後には、製造した薬がどのようなルートを辿っているのかを確認するためのRFIDタグを貼り、安全強化策を図りました。外見からではわかりづらいのですが、実はボトルのラベルを剥がすとRFIDタグが貼ってあり、すなわちこれがあれば本物であるとわかるわけです。
そして2013年からは新たな策が講じられ、RFIDのタグは見られなくなったものの、さらなる偽造防止に努めています。

本物を購入する方法

バイアグラのケース

本物かどうかの見極め方がわかったとしても、なるべくなら手元に届く前に薬が本物であることを確信した上で購入できるほうが一番良いでしょう。正直、本物か偽物かといった不安は考えずにいたいものです。確実に本物のバイアグラ、いわゆるファイザーの正規品を手にする方法は2つあります。

ひとつは、病院で手にいれる方法です。病院から処方されるバイアグラは日本の場合、厚生労働省のチェックを経て患者に提供されるため100%本物のバイアグラとなります。これが大きなメリットと言えるでしょう。しかし病院の場合、手軽にもらえないことがデメリットとなります。処方箋が必要となるため必ず通院することが条件となり、自由診療となるため保険が効かず、高額の医療費の支払いを強いられます。そしてED治療の際は予約を必要とする病院が多く、さらに行きづらい状況となります。

病院以外での安全な買い方

ネットショッピング

では、病院以外で買えるもうひとつの方法とは一体なにか。それは海外通販です。
「ネットでの取引で本当に本物の薬が届くのか?」と心配する方もきっといらっしゃるかと思いますが、声を大にして言いたいのは、本物を販売している通販サイトは数多くあり、安心して購入できる形が存在するということです。
逆に、道中の電柱や公衆の電話ボックスなどの張り紙に明示されている業者から購入するのは大変危険です。そもそも本物であったとしても国内の業者が海外の薬を転売目的で販売するのは違法行為となります。

通販の場合は、個人輸入という形で海外から薬を手に入れることができます。本来ならば購入者が海外の業者に直接連絡を入れなければならないところ「個人輸入代行」を受け持つサイトが仲介に入ることで、日本語の対応で注文が可能となります。つまり、薬を通販サイトから購入するというわけではなく、購入者の問い合わせに対して通販サイトは海外の業者に連絡し、海外から直接自宅に配達される仕組みになっているというわけです。この流れでの購入に違法性はありません。


バイアグラの通販はこちら>>

通販サイトの見極め方

指を上げる男性

そして通販サイトでも、偽物を取り扱っていないか確認できる方法があります。それは、販売フォームにバイアグラの「50mg」が販売されているかどうかという点です。 バイアグラには用量が異なる3種類の薬があり、偽物のバイアグラのほとんどが100mgの錠剤です。これは、バイアグラは日本よりも海外での需要が高く、欧米人に合わせた100mg錠のほうが圧倒的にニーズがあるからで、日本人タイプの50mgの偽物バイアグラを作っても儲けがでないため偽物の大多数が100mg錠で製造されているのです。 偽物を販売するサイトでは、バイアグラ100mg錠のみしか置いていないことが多く、逆に50mg錠を取り扱っているサイトは本物のバイアグラを販売しているサイトと言えるでしょう。

偽物バイアグラ

男性が悩むED症状に対して一筋の光を灯したバイアグラ。勃起不全に悩みを抱える男性の心強いパートナーとして今もなお根強い人気を誇っています。人気があるものには必ずと言って間違いないほど偽物の存在があります。しかし偽物には、本物にはない特徴が必ずあります。本物か偽物かを見極める術を持つことで安心して服用ができることでしょう。


正規品のED治療薬の通販はこちら>>